top of page
  • 執筆者の写真クリニック フェリス

美肌を目指すなら必ず知っておくべき7選!!

更新日:2022年12月2日


大阪市平野区にある内科・皮膚科・美容皮膚科「フェリス総合内科クリニック」事務長のMayumiです。

今回は【腸活で老化を予防する】お話をしていきたいと思います。

さて、老化現象の原因みなさんは何だと思いますか?

ひとつは、お肌の新陳代謝能力が低下してしまうことです。

肌の再生機能が鈍り、古い角質が体外へ排出されなくなるので、乾燥肌になったり、シミやそばかすがそのまま色素沈着してしまいます。

肌のターンオーバーを正常にするための方法は、いくつか挙げられますが、その中で、最近の研究で注目されているのが、お肌と腸の関係です。

腸内環境が美肌作りにかかせない理由 腸は、私たちの身体の中で、消化吸収を担う大切な器官です。

腸には、善玉菌と悪玉菌という細菌が住んでいます。

善玉菌が多いときには、腸のはたらきは正常になるため、お通じもスムーズになり、肌荒れもおきにくくなります。

しかし、悪玉菌が増殖すると、便秘や下痢などの不調を起こし、吹き出物が出たり、肌の代謝が遅れたりします。

また、悪玉菌が増えてしまうと、腸の中で腐敗が起こるので、体臭や口臭を引き起こすこともあるんです。

腸内環境を整えるために、腸の善玉菌を増やすにはどうすればよいのでしょうか?

◆乳酸菌を多く含む食品を食べる 

腸の善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌です。ですから、腸内の善玉菌を活発にするためには、乳酸菌を含む食品を摂るようにしましょう。

乳酸菌を含む代表的な食べ物がヨーグルトなどの乳製品ですね。そのほかに、漬物やキムチ、味噌などの発酵食品にも、乳酸菌が多く含まれています。これらの食品をなるべく毎日の食事で摂るようにしましょう。

◆食物繊維を摂る 

乳酸菌などの善玉菌が腸で増殖するとき、えさとなるのが食物繊維です。

ですから、単に乳酸菌を摂取するだけでなく、食物繊維をいっしょにとることで、善玉菌を効率よく増やすことが出来ます。

食物繊維は、野菜や果物、きのこ類、海藻、大豆などの豆製品やイモ類に多く含まれています。

これらの食品を、バランスよく摂るようにしましょう。

◆オリゴ糖を摂る

 オリゴ糖は、腸のビフィズス菌が好んで食べるものです。

オリゴ糖を含む食品は、りんご、バナナ、蜂蜜、アスパラガス、たまねぎなどがあります。最近では、オリゴ糖を含むサプリメントなどが通販でも手軽に買えるようになりました。これらをうまく利用することで、毎日オリゴ糖を摂取することも簡単になりましたね。

◆肉食中心の食事を避ける

 脂肪分の多い肉食中心の食事では、腸の悪玉菌が増えることがわかっています。

お肉をたべることで、良質のたんぱく質を摂取することは、美肌作りにも必要です。しかし、油っぽい肉料理は、週に数回までと決めて、コントロールするようにしましょう。

◆便秘をしない 

便秘になると、腸の悪玉菌が繁殖しやすくなります。

朝コップ1杯の水を飲む、適度な運動をする、トイレの時間を決めておくなど、便秘にならないような工夫をしておきましょう。

◆血行を良くする

 血行が悪くなると、腸の働きが鈍るどころか、腸で吸収された栄養が全身にきちんと運ばれなくなります。そうなると、美肌のための栄養も足らなくなるので、新しい肌細胞の生成がうまく行われなくなります。入浴時のマッサージやストレッチなど、血行を良くする工夫をしましょう。

◆ストレスをためない

 腸とストレスの間には密接なかかわりがあり、ストレスを感じると腸のトラブルが起こりやすいことがわかっています。

自分のライフスタイルを見直し、ストレスが少なくなるような工夫をするようにしてみましょう。また、ストレスがたまってきたなと思ったら、自分なりの方法でストレスを発散するようにしましょう。

以上のように腸と肌、まったく関係なさそうに見えて、深く関係しています。

肌の調子は腸内環境のバロメーターともいえるでしょう。若々しい肌を保つためには、腸内環境をととのえ、内側から美肌をキープすることが大切ですね。

腸内環境を整えて、内側から美肌作りを!


~フェリス総合内科クリニック 平野院~

https://www.felizmedicalclinic.com/

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

政府の方針により、新型コロナウイルス感染症は5類移行となりますが、残念ながらコロナウイルス感染者がふたたび増加傾向にあることから、 5月8日以降につきましても、「1週間以内に始まった、咳、咽頭痛、鼻水(発熱を含む)」のある患者様は、屋外での診療とさせていただきます。 上記症状に当てはまる方は、院内には入らず、お電話にてご連絡ください。

令和5年5月~ 当院におけるマイナンバー顔認証システムの利用について 令和5年4月1日よりマイナンバーカードを用いたオンライン資格確認導入が原則として義務づけられましたが、当院におきましては業者による設置作業が大幅に遅延しており、現在のところ設置できておりません。 受診の際は従前通り健康保険証を提出していただくようお願いします。

bottom of page