top of page
  • 執筆者の写真クリニック フェリス

平野区フェリス総合内科クリニック 【美肌に必要なこと】

更新日:2022年12月2日


こんにちは。フェリス総合内科クリニック院長の長安です。


年齢を重ねるにつれて、気づくと失われてしまった肌のハリ。


これは、たるみやしわの原因にもなり顔を一気に老けさせて見せてしまいます。



今回はそんな肌のハリを取り戻すためにおすすめな食べ物をいくつか紹介していきます。


【肌のハリに必要なもの】


①たんぱく質

たんぱく質は肌や髪、筋肉のもととなる栄養素です。

そのため不足することで肌の新陳代謝機能の低下が起こり、たるみも出やすくなってしまうのです。

たんぱく質が多く含まれている食材は、赤身の肉、イワシ、海苔、納豆などです。


②イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンはホルモンバランスの乱れを整える役割を担っています。

ホルモンバランスの乱れは肌にさまざまなトラブルを引き起こし、たるみの原因にもなります。さらにイソフラボンはコラーゲンの生成をサポートし潤いを手に入れることも可能です。

豆腐、豆乳、大豆、納豆に多く含まれていますので、食事に入れるようにしてみてください。


③ビタミンC

美容効果の高い栄養素です。

肌の酸化を防ぎ、コラーゲンの生成をサポートします。

さらに皮脂の過剰分泌も防ぎ肌をより良い状態へコントロールしてくれます。

赤ピーマン、ブロッコリー、レモン、オレンジなどに多く含まれています。


④ビタミンA

粘膜を強くし肌をより丈夫にします。

肌の酸化も防ぎ老化も食い止める効果も期待できます。

うなぎ、にんじん、モロヘイヤ、納豆に多く含まれます。


ビタミンE

肌の酸化を防ぎ、血行を促進してターンオーバーを正常化させます。

さらにビタミンCの働きをサポートしてくれるので一緒に摂取するとより効果的です。

鮭、うなぎ、ナッツ類に多く含まれます。



あれ?コラーゲンは?

と美容にお詳しい方であれば疑問に持たれるかもしれません。

一般的にコラーゲンは、加齢とともに減少していくといわれています。

そのため食事から補う方もよく拝見しますが、残念ながらコラーゲンは食べても胃で分解されてしまい、皮膚コラーゲンに変わることは殆どありません。


なので、当院では自費診療になりますが【たるみ改善】をご希望の患者様には、ジェントルマックスプロを使用し、低出力のレーザーを顔全体に照射することで、皮膚の若返りを促す治療法をおすすめしたり、ダーマペンを使用し、肌を損傷させることで、修復時にコラーゲン産生を促す治療をおすすめしております。


また、高濃度ビタミンC点滴や白玉点滴も同日にできますので是非ご相談ください。


大阪市平野区フェリス総合内科クリニック

https://www.felizmedicalclinic.com/

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生活習慣病の患者様へ

この度、診療報酬改定は令和6年6月1日から厚生労働省の診療報酬に関して変更点がありましたので、みなさんにお伝え致します。 生活習慣病の中でも特に高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)を重点的に指導するよう要請がありました。これらの疾患は、おおむねはじめは自覚症状がなく、進行すると動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞、慢性腎臓病、脂肪肝からの肝硬変へなど、と気づかぬうちに病状が一気に、そして悪化

2024年GW期間中の診療時間について。

こんにちは。 フェリス総合内科クリニックです。 今年のGWはカレンダー通り診療致します。 2024年4月29日、5月3,4,5,6日はお休みです。 2024年4月30日-5月2日は通常通り診療しております。 当日御予約も受け入れております。 お気軽にご連絡ください。 フェリス総合内科クリニック

花粉症診察しております。

4月に入り、桜がどんどん咲き始めましたね。 寒くて外に出ることが辛い時期が終わろうとしている中、鼻がムズムズ、鼻水、目がかゆい。などの症状はございませんか? 花粉症かもしれません。 当院では、花粉症に対する診療も行っております。 御予約は皮膚科枠でお取りください。 御来院お待ちしております。 フェリス総合内科クリニック

Comentarios


bottom of page