top of page
  • 執筆者の写真クリニック フェリス

小児から使えるインフルエンザのお薬紹介

こんにちは!フェリス総合内科クリニックです。


最近、インフルエンザの流行が心配されていますね。

そこで、今回はリレンザというお薬に焦点を当て、その魅力を分かりやすく紹介したいと思います。


リレンザ

### リレンザのポイント

1. インフルエンザウイルスを直接ブロック

リレンザは、インフルエンザウイルスの繁殖を抑えるために、ウイルスの進行に関与する酵素(ノイラミニダーゼ)を直接阻害します。ウイルスが感染している気道粘膜(空気の通り道)に直接到達するので、副作用が少ないといわれています。


またこれにより、症状が悪化する前にウイルスの増殖を制御し、体内での感染を抑えます。


2. 吸入薬で効果的な治療

リレンザは吸入薬として提供され、直接呼吸器に働きかけます。この方法により、お薬が速やかに肺に到達し、迅速な症状の緩和が期待できます。


吸入薬の為気管支喘息等呼吸器に問題のある方は発作を誘発することがあります。


3. 小児にも可能な治療法

リレンザは5歳以上の小児に対しても使用可能です。

成人と同量1日2回5日間吸入

※5歳以下は半量。


4. 早めの投与が大切

リレンザは、インフルエンザの初期症状が現れた段階での早めの使用が重要です。

症状が進行する前に投与することで、ウイルスの増殖を阻害し、短期間での回復が期待できます。


インフルエンザの流行が気になるこの季節、早めの対策が大切です。

発熱症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

様の健康を心よりお祈りしています。


フェリス総合内科クリニック

閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生活習慣病の患者様へ

この度、診療報酬改定は令和6年6月1日から厚生労働省の診療報酬に関して変更点がありましたので、みなさんにお伝え致します。 生活習慣病の中でも特に高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)を重点的に指導するよう要請がありました。これらの疾患は、おおむねはじめは自覚症状がなく、進行すると動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞、慢性腎臓病、脂肪肝からの肝硬変へなど、と気づかぬうちに病状が一気に、そして悪化

2024年GW期間中の診療時間について。

こんにちは。 フェリス総合内科クリニックです。 今年のGWはカレンダー通り診療致します。 2024年4月29日、5月3,4,5,6日はお休みです。 2024年4月30日-5月2日は通常通り診療しております。 当日御予約も受け入れております。 お気軽にご連絡ください。 フェリス総合内科クリニック

花粉症診察しております。

4月に入り、桜がどんどん咲き始めましたね。 寒くて外に出ることが辛い時期が終わろうとしている中、鼻がムズムズ、鼻水、目がかゆい。などの症状はございませんか? 花粉症かもしれません。 当院では、花粉症に対する診療も行っております。 御予約は皮膚科枠でお取りください。 御来院お待ちしております。 フェリス総合内科クリニック

Comments


bottom of page